2006年06月13日

スポーツバーにて考える

ワールドカップ日本初戦。
久しぶりにスポーツバーで観戦です。
こないだ行ったスポーツバーは客層がおとなしめ。
点が入っても座ったまま拍手するくらい。
なので、今回は大騒ぎできるところに
してみました。
幸い、職場から徒歩10分。駅から7分。どうにか
帰れます。

さて、そのスポーツバー、開始前からへんてこりんな
熱気。男4人で行った我々。スクリーンの正面なのは
いいんだけど、スクリーン正面の座席は長いテーブルに
いすが横並びで4つ。これが5列くらい並んでる。
会議みたいです。しかも我々その列の一番後ろ。もう
いすが並べられなくなってて、我々の座席は店内の
噴水の周りのレンガ積んだとこです。

客層はっていうと、カップル少々。野郎グループ少々。
あとは、ギャル。前の座席に座ったギャル5人組。
代表のユニ着てます。大黒とか俊輔とか。大黒は
のユニの人はなぜか稲本がお気に入りらしく、
「INAMOTO」と自分で作ってきてユニフォームの背中の
名前のところに貼ってましたが、OGUROの最初の「O」
が隠しきれず「OINAMONO」になってました。
お稲本。丁寧語にしてどうする。

オーストラリアのサポーターも
後からやってきて、テレビでおなじみの雰囲気です。

試合前は立ち上がって国歌をうたう奴もいて、
いよいよ試合開始です。

試合前の様子。
PA0_0023.JPG
あゆはブレない。



試合中は大騒ぎ。得点シーンも誰彼かまわずハイタッチと
いい感じです。でも、前の席の大黒興奮しすぎ。
おまえのせいで我々の長テーブルがどんどん後ろに来て、
我々噴水と挟まれてるではないか。

相次ぐ危険なシーンでも大興奮。
川口がナイスセーブをするたびに、誰かがグラスを
ひっくりかえしてます。

そんなこんなで後半へ。立て続けに点取られて
お通夜みたいな雰囲気です。大黒、ホットドッグ
食ってるな。試合見ろ。

ってなわけで、結果はみなさんご存知のとおり
3−1
惨敗です。

ほんとねぇ、ここからおいらは一言言わせていただきます。
昨日の試合、終わったあと拍手とかありえないから。

おしかったとか、勝てたとか言ってる人結構いるみたい
だけど、昨日のオーストラリア戦、ジーコジャパンの中でも
ワースト3に入る出来だったでしょ???
テレビとか見てると先述の「励まし」をコメントを
言ってたりするけど、
真剣に日本代表を見る人だったら、ちゃんと
「ダメだし」すべきですよ。

いい試合だったら、拍手して「よくやった」でいいけど、
昨日みたいな試合は「何やってんだ」「ふざけんな」
くらいのことは言ってもいいのですよ。
ま、昨日の試合は選手よりも監督に問題があったので、
ちょっとあてはまらないかもしれないけど…。

ま、要はマスコミに踊らされず、冷静に客観的に
ワールドカップを見ようということですよ。
日本が決勝リーグに進出できる確率なんて、
4%しかないのだから…






posted by miyapooh at 22:23| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そうですねー。
観ていたこっちも心が折れましたよ!
小野投入の瞬間、ちょっと不安になっていたけど、現実になってしまった!
明らかにフォーメーション変えた事で流れが急変しましたからね。。
ジーコの采配がクソすぎて、何をしたいんだか分からなかった。

動きからして分かるように、日本は勝つ気があるのかと言いたい!
死に物狂いっていう行為はダサイのかね??

決まられる時に決めないと、こうなる事は目に見えてる。

柳フィジカル弱すぎ!(FWじゃないよコイツ)
駒野、クロス精度悪すぎ(なめてんの?)
茂庭(入れたジーコが悪い!明らかに経験不足!)
小野(動かなすぎ!うまいけど、サッカー舐めてる)
福西(決定的なチャンスだったろ!!カカなら2点、少なくても1点決めてる!せめて枠入れろ!)
ジーコ(クソ采配!マルタ戦、まるで意味無し!!)

言いたい事は山ほどあるけど、やはりワースト3には入る試合内容だと思いました・・・。

まだ終わった訳じゃないから4%の可能性にかけて、応援しましょうね!!



Posted by あべし at 2006年06月14日 07:49
コメントありがとうございます。
まったく、おっしゃる通りです。
小野が出てきたときには「ここで小野なのか?」って思いましたね。

オーストラリアが選手交代をうまく使ったのとは対照的になってしまいました。

もちろん、日本代表を応援する気持ちはとてつもなく強いので4%であっても、全力で応援しますよ。
Posted by miyapooh at 2006年06月14日 09:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19230796
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

日本に残された可能性は?
Excerpt:  もう一つの死のグループE組(イタリア、チェコ、アメリカ、ガーナ)では、チェコとイタリアが順当勝ち。  チェコのロシツキーと、イタリアのピルロのミドルシュートには、まさに目が覚めました。  そして、わ..
Weblog: 24時間蹴球宣言
Tracked: 2006-06-14 19:22
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。